関西風俗を満喫!

タイトル: 大阪弁

大阪弁

「こんばんわぁ。」訛りのある挨拶で頭を下げているのが、デリヘルに注文したりつちゃん21歳です。「あっ、りつちゃんね。どうぞ。」と中へ入ってもらいます。背はそんなに大きくはないけれども、出るところははっきりと出てそうです。髪は肩までの少し茶色が入ったぐらい。今風の可愛らしい顔です。「りつちゃんってどこの出身?」冒頭の訛りが気になり、聞いてみました。「大阪ですぅ。」やったね!大阪弁で甘えられるのが、東京の男にはたまらないんです。彼女は出身の土地柄か、とても気さくでノリが良いのでやり易い。積極的にスキンシップを図り、いちゃつきます。だんだん盛り上がってきたところを見計らい、フィニッシュは定番の必殺M字開脚素股。「あ、あ、あ、あ、あ、あかん。いってまう。きて。はよきて!」出た大阪弁。これで来られると快感が倍増するようです。「いくよ。いくよ。」と今まで以上にグラインドスピードを上げ、遂に発射。デリヘル嬢りつちゃんの顔まで届きました。

関連記事はこちら