関西風俗を満喫!

関西での風俗体験談を紹介しています。

関西の風俗事情

関西地方最大の都市・大阪には、キタに阪急東通商店街、ミナミに宗右衛門町・西心斎橋、十三、京橋、堺東にファッションヘルスが営業しています。また、ホテルヘルスは、キタでは兎我野町・曽根崎1丁目付近、ミナミでは難波中1丁目付近・日本橋1丁目付近・道頓堀、十三本町1丁目付近・十三東1丁目・西中島3丁目付近、谷町九丁目・高津に多く存在しています。もちろん、ラブホテルやビジネスホテルも多数ありますので、手軽に利用できるようになっています。 兵庫には、神戸、三宮、尼崎にファッションヘルスが点在し、尼崎はソープ、ファッションヘルス、ピンサロと超充実の風俗エリア。毎夜、多くの男性を楽しませています。 京都では、木屋町にファッションヘルスが存在しており、祇園・南インター近辺にホテヘルが営業しています。 三重の桑名や亀山なども風俗街として有名で、デリヘル、ピンサロ、エステ、イメクラ、ソープとジャンルも充実しています。

高級風俗とは

高級風俗といえば、高級ソープを想像する人も少なくないでしょう。しかし、現在風俗業界にはあらゆるジャンルの風俗があります。高級ソープ以外にも、高級デリヘル、高級SM、高級イメクラなど、優良高級風俗店は全国各地に広まっているのです。 高級風俗の最大の魅力は、女の子の顔、スタイルといった容姿を含め、マナーなどもしっかり教育されていることです。また、女の子だけでなく従業員の対応も一部の格安店や大衆店に比べると、その差を大きく感じられます。お店にもよりますが、料金が高額な分サービス時間も長く利用できる特徴があります。たとえば高級ソープの場合、120分から利用できるお店が多く入浴料、サービス料と合わせた料金で6万円以上というお店がほとんどです。尚、6万円以下の高級ソープもあり、2万円以上を超えれば高級のカテゴリーに入ると考えられています。 また容姿を重視している高級風俗だからこそ、パネルマジックなどで落ち込む可能性も低いでしょう。誰でも一度は利用してみる価値はあります。

交際クラブの店舗サイトは矛盾している

交際クラブは会員を集めるためにオフィシャルサイトを所有していますが、概ねどちらの店舗のサイトを見ても情報があまりなく不十分な感は否めません。何故このような状況になってしまうのかというと、一つのサイトだけで男女会員の集客をしようとしているためです。当たり障りのなり内容であれば記載をすることは容易ですが、男女双方の会員に対してのワンポイントアドバイスやQ&Aに関しての細かい内容は、実は相互に見られたくないような部分が大半です。かなりセクシャルな内容を含む部分もあるため、条例でルールが定まっている分、直接的な表現は避けられてしまうものの、グレーな行為を匂わすような内容はどうしても出てきてしまいます。そこを交際クラブを利用しようとする男性も女性も気になり知りたいと考えているものなのです。直接的に案内出来ないならばまだしも、男女会員双方の顔色を伺いつつイメージダウンにならないような当たり障りのない表現のオンパレードでは当たり前のことしか記載されていないでしょうし、誰も見ようともしないでしょう。そうなると、表向き訳の分からない怪しげな業界とサービスの用に見えてしまうのです。私個人としては、この問題を解消するために、そもそものウェブを男女それぞれ用に別けるのも手段だろうと考えています。つまり、店舗サイトのコンテンツ内でページを別けるのではなく、入り口のページで男性か女性かを振り分けルことができれば、相互のページを行き来き出来てしまう懸念は解消されるのではないかと思います。または、完全にサイトを2種類に分けてしまうのも手でしょう。客観的に考えると、そもそも男性向けの内容と女性向けの内容が同じ空間で上手く説明別けできるはずがないのです。今の業界のサイト構成の流行りだけを考えると、「交際クラブ」という言葉を知らなければ、そもそも女性はたどり着けるサイトにはなっていないのです。殿様商売と単純に考えてしまってこういうところまで利用者の気持ちを汲み取って対応していないことが問題点といえるのではないでしょうか。怪しい・危険といわれても仕方ないです。
東京の交際クラブ・デートクラブ情報|プレミアム交際クラブガイド